美肌成分の「アルブチン」って本当に良いものなの?

皆さんは、美肌成分の「アルブチン」をご存知でしょうか?化粧品にも多く取り入れられている成分ですが、どんな風な働きをするのか、お肌にとって本当に良いものなのかどうか、確認しておく必要があります。

まず、美肌作りに大切なのはシミやそばかす、シワがないと言う状態ですよね。このアルブチンはビタミンCと同じように、シミやそばかすの原因と言われているメラニンが作られるのを抑えてくれる働きがあります。

となると、アルブチンとビタミンCはどちらの方がより良い成分になるのでしょうか。

アルブチンの方がおすすめ

アルブチンとビタミンC では実際にアルブチンとビタミンCの成分を比べた時ですが、美肌作りとしておすすめなのはアルブチンですね。もちろんビタミンCも欠かせない成分で、美白として取り入れるならビタミンC誘導体です。

ただそれよりも良いと言われているのがアルブチンなんです。ですが、気をつけて欲しいのはアルブチン配合の化粧品を使えば、すぐに美肌を手に入れることが出来る・・・と勘違いしないで欲しいということですね。

確かにビタミンCよりもアルブチンの方がよいのですが、アルブチンの元になっているのは「ハイドロキノン」です。ハイドロキノンという言葉を聴いたことがある人もいらっしゃるでしょうが、これもシミやそばかす対策にとても有効なのですが、とても協力なので副作用も心配されています。

もちろん、市販されているものはお肌に負担がないように調整されているので、神経質になる必要はないのですが、使い続けても中々美肌にならないからと言って諦めるのではなく、ゆっくりとケアをしていくようにしましょう。

リプロスキンでニキビケアしよう